本文へ移動

災害ボランティア活動

私たちにできること

  
わたしたちにできる、被災地支援のカタチの1つ、支援金・義援金。
 
災害からの復興には被災者自身が生活を取り戻すためにも、その地域の復興にも、それを支える支援団体や関係機関が良い支援をするためにも、お金がかかります。
 
「被災地のために、何かできないか」と考えた時、現地で活動することだけが支援の方法ではありません。募金や寄付は、遠方からでもチカラになれます。一人ひとりが少しずつ協力し合えば、それは大きなチカラになり、大きな支援につながります。
 
  
被災した地域に、思いを寄せることも、できることの1つ。
 
どこで、何がおきているのか?何が求められているのか?
どんな場所なんだろう、なにが名産なんだろう
おいしいものはあるかな、観光はどんなものがあるのだろう…
 
被災地について興味を持って情報を集めることも、私達が遠方からでもできることです。正しい情報を集め、被災地に思いを寄せること。被災地の応援団に・復旧後のファンになることは、被災者が生活を取り戻してくのに必要不可欠です。

まずは、今どんな状況なのかを、正しく知ることから始めましょう。
  

災害ボランティアに関する注意事項

  
チカラになりたい、その前に!!
 
災害時、大勢のチカラが必要ではあります。
しかし、被災地からの発信があるまでは被災地に向かわないでください。 

 災害が発生した時、人の手による助けが必要な方が多く生まれます。地域内では解決できず、災害ボランティアによる支援も、必要になります。 

しかし、未だ新型コロナウイルス感染症の猛威は収まりません。
災害ボランティア活動を進めることで、新型コロナウイルスの感染を広めてしまう恐れがあります。感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。

そのため、多くのボランティアセンターは、災害ボランティアの募集範囲を定めています。被災地からの情報を確認し、現地で支援できない場合には、別の支援方法も検討してください。
 
  

被災地の負担軽減にご協力ください

 
【支援物資について】
 被災地は混乱しており、現時点では支援物資を受け入れすることはできません。企業からの大口物資相談も、事前相談が必須です。しかし、NPO法人等で寄付等を取りまとめ、被災地へ送る活動も増えてきています。物資による支援を希望される方は、そのような団体へお問合せください。
 
 
【被災地への問合せについて】
 災害ボランティアセンターの設置が各地で進んでおりますが、現在、県を超えてのボランティア募集はされていません。
 また、各災害ボランティアセンターの負担軽減のため、情報収集は各社協ホームページ等から得るようにし、なるべく直接の問い合わせは控えるようにしてください。
  
 災害ボランティアセンターの設置状況・ボランティア募集情報はこちら → 全社協被災地支援・災害ボランティア情報
  
 

今、わたしたちにできること

 
<正しい情報を得る>
「全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア」ホームページ → こちら
 
<活動支援金・義援金で、応援する>
遠方からできる支援で、欠かすことができないのが募金・寄付による支援です。
現在、各種団体を通して被災者・被災地・それらを支える方々を応援する、支援金・義援金の受付が始まっています(支援金・義援金の詳細はこちら
 
<我が身と考える>
・非常用袋に保管しているものの確認
・避難時に持っていくものの確認、準備
・自宅にある備蓄の確認、準備
・ハザードマップの確認  ・避難所の確認
・避難のタイミングを決めておく(早め早めの避難を)
・家族内で非難したときに、通信手段がない場合の連絡方法
・家庭内や近隣の高齢者や障がい者等、避難に時間を要する方への声かけ
 

令和4年8月3日からの大雨による災害

社会福祉法人田村市社会福祉協議会
〒963-4111
 福島県田村市大越町
上大越古川97
TEL:0247-68-3434
 FAX:0247-68-3636
------------------------------
地域福祉・ボランティア・
生活困窮・生活福祉資金
地域包括支援センター
居宅介護支援・訪問介護
通所介護・相談支援・授産場
------------------------------
TOPへ戻る