社会福祉法人田村市社会福祉協議会|ボランティア|デイサービス|地域福祉|福祉のまちづくり|福島県田村市

 

各種助成金・補助金のご案内

   
  
様々な地域福祉活動・団体に活用できる助成金・補助金を掲載しています。
詳細についての問い合わせは、各主催団体・問い合わせ先にご連絡ください。
 
   
   
様々な地域福祉活動・団体に活用できる助成金・補助金を掲載しています。
 
詳細についての問い合わせは、各主催団体・問い合わせ先にご連絡ください。
 
   
〇災害ボランティア・NPO活動サポート募金2
 
 
主催団体 社会福祉法人 福島県共同募金会
 
【目 的】
(抜粋)東日本大震災からの復興に向け、復興・災害公営住宅や避難先、転居先での新たなコミュニティづくりや、避難解除となった地区や津波等で被災した地区のコミュニティの再生を目的としています。被災者の孤立を防ぎ、互いに支えあい、見守りあえる関係づくりを目指す。
 
【対象団体】
 下記2項目を満たす団体
 ①福島県在住者5名以上で構成されているボランティアグループやNPO法人等の非営利団体
 ②浜通り地区の市町村、川俣町若しくは田村市の住民同士が助け合う団体、又は当該市町村の被災者を支援する団体に限る
 
【助成対象活動】※対象外事業あり
 福島県内において令和3年度に実施する以下の活動で、主に
① 東日本大震災による避難者、帰還者及び転居者の住民同士が行う助け合い活動
② 東日本大震災により多くの住民が避難した地区等においてコミュニティを再生するために住民同士が行う助け合い活動
③ ①と②の被災地住民を支援する活動
※被災者支援・交流事業は、参加者に占める被災者の割合が3割以上であることが条件(精算報告時には名簿提出)
 
【助成金額】
 総額(予定)1,600万円、1団体助成上限10万円
 
【応募期限】
 助成予定総額に達した時点で終了
  
【助成の詳細・申請書】
 実施主体ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
 社会福祉法人 福島県共同募金会
 Tel:024-522-0822 Fax:024-528-1234
 

 
〇令和3年度福島県赤い羽根共同募金助成事業(一般公募)
 
主催団体 社会福祉法人 福島県共同募金会
 
【目的・対象事業】
(抜粋)安心・安全で住みよい福祉のまちづくりのために、または地域の福祉課題を解決するために行われる、住民の自発的・組織的な活動や地域の状況に応じた柔軟かつ多様な活動に取り組む団体の支援・育成
(事業例)
・聴覚や視覚に障がいのある方のために行われるオンラインを活用した勉強会、衛生に配慮して行われる集合型活動
・地域から孤立をなくすことを目的とした活動
・高齢者の地域生活を支えるための活動
・障害児者の社会参加及び地域生活を支えるための活動
・子育てを支援するための活動     など
 
※令和3年7月1日~令和4年3月31日までに実施する事業
※対象外事業あり
 
【対象団体】
・必要要件
①県内で活動するボランティアグループ・NPO法人等の非営利団体
②団体の運営が、自主性・非営利・公開を原則としていること
③会則・事業報告書・決算書・事業計画書・予算書等が整備されていること
④団体名義の金融機関預金口座を開設している
⑤活動・事業に要する資金の確保に困難をきたしていること
 
【対象経費】
①会議・研修・広報・資料作成等にかかる経費
②備品購入経費
③(立ち上げ時に限る)団体運営全般にかかる経費
 ※助成対象外経費あり
 
【助成額】
 総助成額200万円、1団体上限20万円
 
【応募期限】
 令和3年5月31日(月) ※消印有効
 
【助成の詳細・申請書】
 実施主体ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
 社会福祉法人 福島県共同募金会
 Tel:024-522-0822 Fax:024-528-1234
 

 
 
〇令和3年度地域課題解決型募金
  
実施主体 社会福祉法人 福島県共同募金会
 
【趣 旨】
(抜粋)平成28年度から、全国の共同募金会が協調して、共同募金の期間を3か月に延長して10月から3月までとし(中略)後半の3か月間はテーマ型等新たな募金活動に取り組むこととなったため、福島県共同募金会は、1月から3月までの3か月間、地域課題解決型募金を実施する。
 
【内 容】
(抜粋)地域課題解決型募金は、特定の地域福祉課題を解決するため、寄付者がエントリー団体の中から共感する団体を選んで寄付を行い、共同募金会がその団体に配分を行う。
 
【対象団体】
・必要要件:下記5項目を満たした5団体程度
①県内で地域福祉課題の解決に取り組む活動を行うボランティアグループ・NPO法人等の非営利団体
②課題解決の必要性を広く県民に訴え、共同募金の一環として募金の呼びかけができること
③団体の運営が、自主性・非営利・公開を原則としていること
④会則・事業報告書・決算書・事業計画書・予算書等が整備されていること
⑤活動・事業に要する資金の確保に困難をきたしていること
 
【配分対象とする活動分野】
 地域福祉の分野及び他分野との境界分野とし、公的制度だけでは解決できない様々な課題に取り組む活動
 
【対象経費】
 令和4年度に実施する事業であり
①会議・研修・資料作成等にかかる経費
②備品購入経費
③団体運営全般にかかる経費
 (詳細は実施団体ホームページをご確認ください)
 
【助成金額】
 募金実績に応じて配分
 
【応募期限】
 令和3年5月31日(月)※消印有効
 
【助成の詳細・申請書】
 実施主体ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
 社会福祉法人 福島県共同募金会
 Tel:024-522-0822 Fax:024-528-1234
 

 
 
〇令和3年度中央競馬馬主社会福祉財団助成
 
実施団体 公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団
     一般社団法人 福島馬主協会
     社会福祉法人 福島県共同募金会
 
【対象団体】
①社会福祉法人
②社会福祉事業を行っている公益財団法人・公益社団法人等
③社会福祉事業を行っているNPO法人
 ※社会福祉法第2条に定める社会福祉事業を行う施設
 
【対象外団体】
①令和2年度に同助成を受けた法人
②同一法人内の複数施設
③病院等医療機関及び「看護」事業を行う施設
④社会福祉協議会
⑤老人保健施設
⑥有料老人ホーム等営利を目的とする施設
 
【助成対象事業・助成額】
①車両の購入 ②備品等の購入
③施設の設置、増築または各種修繕工事
※令和4年3月31日までに実施
※助成限度額:150万/総事業費の4分の3以内
 
【応募期限】
 令和3年6月4日(金)
 
【助成の詳細・申請書】
 実施団体ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
 社会福祉法人 福島県共同募金会
 Tel:024-522-0822 Fax:024-528-1234
 

 
 
〇老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業
 
主催 公益財団法人 みずほ教育福祉財団
後援 社会福祉法人 全国社会福祉協議会
 
【趣 旨】
(抜粋)高齢者を主な対象として活動するボランティアグループおよび地域共生社会の実現につながる活動を行っている高齢者中心のボランティアグループに対し、活動において継続的に使用する用具・器具類の習得資金を助成
 
【対象団体】
・必要要件
①グループメンバー 10~50人程度
②グループ結成2年以上(R3.3月末時点)
③助成を過去3年以内に受けていない
④グループの組織・運営に関する規約(会則)、活動報告書類・会計報告書類が整備されており、規約(会則)に定められるグループ名義の金融機関口座を保有している
 
・対象外となるグループ
①法人格を有する団体(NPO法人等)およびその内部機関
②老人クラブおよびその内部機関
③自治会・町内会およびその内部機関
④ほかの組織に所属する人(自治会長・民生委員など)を、本人の意思にかかわらず自動的にメンバーとする団体
 
【助成対象】
・高齢者対象生活支援サービス(生活環境を改善する活動)に必要な用具や機器等
・高齢者による、地域共生社会の実現につながる活動に必要な用具や機器等
・高齢者と他世代の交流活動や伝統文化伝承活動等に必要な用具や機器等
・レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動に必要な運動用具、機器、楽器、遊具等
 ※詳細は主催ホームページをご覧ください
 
【助成金額・グループ数】
 1グループにつき、上限10万円
 
【応募期限】
令和3年5月21日(金)
 
【助成の詳細・申請書】
主催財団ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
みずほ教育福祉財団 福祉事業部  Tel:03-3596-4532 Fax:03-3596-3547
 

 
 
〇配食用小型電気自動車寄贈事業
 
主催 公益財団法人 みずほ教育福祉財団
後援 社会福祉法人 全国社会福祉協議会/一般社団法人 全国食支援活動協力会
 
【趣 旨】
(抜粋)みずほフィナンシャルグループ役職員からの募金を主な原資として、高齢者向けに配食サービスを行っている民間団体に対し、配食用小型電気自動車(愛称 みずほ号)の寄贈を行います。
 
【寄贈内容】
 配食用小型電気自動車 1台(13団体予定)
 
【対象団体】※3つすべてを満たす団体
①高齢者を主な対象とし、原則1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して行っていること
②法人・任意団体を問わず、非営利民間団体であること(受託団体の場合、条件あり)
③現在の活動を継続するにあたり、配食用車両が不足しており、寄贈によって運営の円滑化が見込まれること
 
【応募期限】
令和3年6月4日(金)
 
【助成の詳細・申請書】
主催財団ホームページをご覧ください → こちら をクリック
 
【問合せ先】
一般社団法人 全国食生活支援活動協力会 事務局  Tel:03-5426-2547 Fax:03-5426-2548
 

社会福祉法人
田村市社会福祉協議会
〒963-4111
福島県田村市大越町
上大越古川97
TEL:0247-68-3434
FAX:0247-68-3636
------------------------------
地域福祉活動・ボランティア
生活困窮・生活福祉資金
包括支援センター・居宅介護支援
訪問介護・通所介護・相談支援
------------------------------
<<社会福祉法人田村市社会福祉協議会>> 〒963-4111 福島県田村市大越町上大越古川97 TEL:0247-68-3434 FAX:0247-68-3636