社会福祉法人田村市社会福祉協議会|ボランティア|デイサービス|地域福祉|福祉のまちづくり|福島県田村市

 
 

ボランティアって、なんでしょう?

ボランティアって、なんでしょう?
 
もともと、「志願兵・義勇兵」の意味があります。
自身の自発的・主体的な意志で、問題や課題を解決するための
活動をおこなったり、行動したりすることです
 
 ボランティアというと、難しいことに聞こえるかもしれません
ですが、ボランティア活動の内容で多いのは
『困ったときは、おたがいさま』の活動です
ゴミ捨て手伝ったり、一緒に買い物行ったり、家に寄ってみたり
 
以前は地域で、ごく自然におこなわれていたことかもしれません
ですが、希薄になった今、必要としている人がたくさんいます
できること・身近なところから、地域のために始めませんか?
 
 

ボランティアのきっかけ

ボランティアのきっかけ
 
  ボランティアを始めるきっかけは、人によってさまざま。
  活動者の数だけ、きっかけがあります。
  
 なんとなく、ボランティアしたいなあ…と考えている方。
 自分の周りの人やできごと・地域・メディアなどから、気になったことはありませんか?
 そこから、「こうしたら解決できるんじゃないかな?」ということを考えてみてください。
 その中に「これなら自分にもできそうだ」ということが、なにかひとつ見えてくると思います。
 
 まず、地域や周りに目を向け、小さな問題や課題を見つけること。
 そこで、自分にできることを考える。それが、ボランティアの一歩です。
 
 

何をすれば、"ボランティア活動"になるでしょう?

何をすれば、"ボランティア活動"になるでしょう?
 
ボランティアといえば、どんな活動が思い浮かぶでしょうか?
私たちの周りには、たくさんの種類のボランティアがあります。
ですが、『この活動をしたから、ボランティアしました!』
というのは、少し違うのではないでしょうか?
どの活動にも、目的があるはずです。
 
”誰に、どうなってほしいのか”  ”何を、どうしたいのか”
”そのためには、自分たちが何をしたいのか”
 
これらを自分たちでしっかり考え、取り組むことができれば
すべてボランティアと呼べるのではないでしょうか
 
 

ボランティアの4原則

ボランティアの4原則
 
 
 ✿ 自主性・自発性 「自分が本当にしたいと思うことを」

周りから強制されたり、義務として行うものではありません。
自分で考え、自分で決め、自分から取り組んでこそです。
また、無理な活動は、"自分の気持ち"と言えるでしょうか?
自分にできることを、自分のペースで行うことも大切です。
  
 
   社会性・連帯性 … 「相手と一緒に、仲間と協力して」

ボランティアでは、誰かに対して行ったり
仲間と協力して活動したり自分一人だけで行うことは、
ほとんどありません。周囲と互いに尊重し合えるように
対等な関係で行うことが大切です。

「~してあげる」ではなく、
「一緒に」の気持ちで。
  
 
 
  無償性・無給性 … 「金銭的報酬より、大切なものを見出す」

 見返りの期待、相手からの感謝を強制するものではありません。
 実際の体験や、その場で得た感情こそ、自分たちの糧になります。
 反省や後悔など、マイナスな感情も生まれることもありますが、
 それも貴重な経験であり、成長するためには欠かせません。
  
 
 
 先駆性・創造性 … 「物事を考える、それを実現させる」

 地域の課題に対し、何が必要で、改善するためにはどうするか。
 そこから、自分たちにできることを考えましょう。
 従来の考え方に固まらず、アイディアを出し合うことも必要です。
 
社会福祉法人
田村市社会福祉協議会
〒963-4312
福島県田村市船引町
船引東中子縄7
TEL:0247-81-2166
FAX:0247-81-2167
------------------------------
地域福祉・地域活動
ボランティア
福祉のまちづくり
------------------------------
<<社会福祉法人田村市社会福祉協議会>> 〒963-4312 福島県田村市船引町船引東中子縄7 TEL:0247-81-2166 FAX:0247-81-2167