社会福祉法人田村市社会福祉協議会|ボランティア|デイサービス|地域福祉|福祉のまちづくり|福島県田村市

 

ボランティアについて

 

ボランティアの語源

ボランティアの語源
 
 
 ボランティアの語源は、ラテン語「volo(ウォロ) … 喜んで~する」の名詞形である「Voluntas(ウォランタス) … 自由意志」と言われています。そこから、フランス語「volonte(ボランテ):喜び、精神」から、英語「volunteer(ボランティア)」と派生し、日本に伝わってきたと言われています(諸説有)
 
 この語源の意味が持つ"自発性・自主性"は、ボランティア活動には欠かすことはできません。
 
 日本へは、明治の終わりから大正時代にかけてのころに伝わり、1970年代ころから広く知られていきました。当時は、「善意」「善行」「奉仕活動」などと訳され、"自発的な活動”というより、"善い行い"という活動の内容が重視されるような意味合いで広まりました。
 
 

ボランティアの4原則

ボランティアの4原則
 
ボランティア活動には、活動をする上で大切にしたい4原則があります。
 
   
 自主性・自発性
「自分が活動したいと思うものを」
 

 
ボランティア活動は周りからの強制や、義務で行うものではありません。自分で考え、自分で決め、自分から取り組んでこそです。
 
また、安全に長くボランティア活動を続けるためには、自分にできることを、自分のペースで行うことも大切です。
ご自身の生活や体・考えを犠牲にして取り組む活動は、続けられないだけではなく、事故やケガの元になります。  
 
 
 
 社会性・連帯性
「相手と一緒に、仲間と協力して」
 

 
ボランティア活動では、一人で取り組む活動もありますが、相手がいるものや、仲間と一緒に取り組む活動も多くあります。
 
相手(ボランティアが必要な方)がいる活動で、特に気をつけたいのは、できることを奪ってしまうこと、ではないでしょうか?
「(一方的に)してあげる」ではなく一緒に」、「ボランティアする・されるの関係」ではなく「対等な関係」で、お互いに楽しく・安全なボランティア活動を!
 
   
 
 無償性・無給性
「見返りの強要ではなく、大切なものを見出す」
 

 
ボランティア活動では、たくさんの学び・体験や新たな人との出会い、さらにご自身の居場所や役割を見つけ、生きがい・やりがいを得られるなど、金品のように目に見えるものではありませんが、それ以上に多くのことを得ることができます。
 
※実費弁償(活動に係る費用等)の受け取りは、ボランティア活動保険で無償の範囲と記載されています。すべてを活動者が負担するのではなく、活動前に希望者とよく検討をすることが大切です。
 
 
 
 先駆性・創造性
「自由な発想で、作りだす」
 

 
全国のボランティア活動の中には、地域の困りごとを解決したいけれど、制度やサービスは使えない…。だったら、自分たちの手で地域を良くしよう!と、立ち上がったボランティアもいます。
普段皆さんが感じている困りごとは、地域全体の困りごとかもしれません。それを解決するのは、きっと「困ったことはお互い様」と、地域で支え合うことではないでしょうか。
 
また、従来の考え方にとらわれない自由なアイディアの中に、地域を良くするためのヒントがあるかもしれません。
 
 
 

ボランティア元年、とは

ボランティア元年、とは
 
 1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生。この災害で、6,000人以上が亡くなりました。
 
 発災後、現地におけるボランティア活動者数は、一日平均2万人を超え、3か月で述べ117万人になりました。さらに、現地以外での活動(義援金・物資提供等)を含むと、更に多くの人が活動していたことがわかります。この震災が、多くの人にボランティアについて認識・重要視される、きっかけとなりました。この年を境にボランティア活動推進の動きが顕著になり、ボランティア活動に関心を抱く人が増えていったのです。
 
 以上から、この年(1997年)は日本における『ボランティア元年』と言われています。
社会福祉法人
田村市社会福祉協議会
〒963-4111
福島県田村市大越町
上大越古川97
TEL:0247-68-3434
FAX:0247-68-3636
------------------------------
地域福祉・地域活動
ボランティア
福祉のまちづくり
------------------------------
<<社会福祉法人田村市社会福祉協議会>> 〒963-4111 福島県田村市大越町上大越古川97 TEL:0247-68-3434 FAX:0247-68-3636